本サイトは元マンションリフォーム会社の営業マンが運営する、「マンション大規模修繕工事」にスポットを当てたサイトです。どこのリフォーム会社、建設会社などにも属さないフリーの立場から、言いたい放題で、全国のマンションオーナー様にお役立て頂ける様な情報を提供し行きたいと思います。応援よろしくおねがいいたします。
トップページ
ご挨拶
大規模修繕工事って何?
本音!工事トピックス
簡単に大規模修繕の見積もりが取れます!
平均施工金額など



2004.12.21
「ちょっとご面倒かも知れませんが!」
※分離発注も”あり”です。

 

今回はちょっとした手間隙で、お得に工事が可能かもしれない”分離発注”について書かせて頂きます。
大規模修繕工事では、色々な工事が同時に行われます。足場を設置する「架設工事」、下地を補修する「下地工事」、建物を保護する「塗装工事」・「防水工事」など・・・・。また、それと同時に良く行われるのが設備関係の工事です。
例えば大規模修繕工事を機に、衛星放送用の設備やインターネット用の設備工事や、オートロックの新設工事、近年では様々な防犯システムを導入するマンションも増えています。
これらの工事を大規模修繕と同じタイミングで行う場合、施工する会社に一括でお願いするケースがほとんどですが、本当にそれで良いのでしょうか。先程の設備工事の金額も結構大きな金額なはずです。全体の工事費にまぎれてしまうと、感覚的にあまり大きな金額のような気がしなくなり、”お任せ”してしまうようです。
しかし、大規模修繕行う会社もこれらの設備工事関しては、本来のプロではありませんので、仕入先(電気工事業者などの設備業者)の発言権が大きくなりがちで、金額的にコナレテいない場合も多いのが、実態です。確かに施工会社によっては、これらの部分の強い会社もありますが、一般的には設備業者の見積りにある程度(これが問題です)のマージンを乗せて、単純に出すケースが多いのです。

という事で、設備工事に関してはちょっと手間はかかりますが、大規模修繕工事の施工業者に頼んだ場合の見積りと、設備業者からの直接の見積りを比較することをオススメします。

工事費単体の単純比較ではなく、より総額のコストが下がり、且つ施工管理などに対して面倒がない場合には、是非検討してみる価値があります。
また、直接取った見積もり金額を元に、総額からの値引き要求にも使える可能性もありますので、見積りを取ること自体は、非常に有効です。是非、設備工事を検討の際には、お試し下さい!


大規模修繕専門!
安価で!高い効果!
高く売れるマンション暴落するマンション
マンションの管理が手にとるようにわかる本
マンションリフォームの実務
 
お問い合わせ | 会社概要 | 著作権&免責事項 | 広告掲載について | プライバシーポリシー | 情報提供 | リンク情報

Copyright(c) 2004 Medico PRESS, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。